Uncategorized

方向を検出するアンテナ

磁界型ループ・アンテナの主な用途は、遠く離れた場所から届く電磁波の方向の検出(方向探知)です。

遠方からの電波がループ・アンテナに届いた時は、電波による磁束(磁力線の束)がループに直交した状態です。この磁界(磁束)の方向と大きさは電波と同じ周波数で変わり、ループを通過する際には誘導起電力が発生します。この起電力は、ループに交わる磁束の単位時間中の変化で比例していきます。そして、電波の電界(または磁界)とアンテナの起電力は、90度の差(位相差)が起こります。

アンテナの向きを変えるとループに交わる磁束が減っていき、電波が飛んでくる方角に対してループ面と成す角度が一定になると、起電力がゼロになります。この起電力がゼロになる方向(0が九O度と二七O)を「消音点」呼びますが、ゼロの方向は二つあるためどちらから電波が来ているのかを特定する必要があります。

消音点を一つにする方法には、垂直アンテナと組み合わせるというものがあります。ダイポール・アンテナを直立に設けた垂直アンテナの出力と、ループ・アンテナの出力を組み合わせるということです。

これにより、垂直アンテナの起電力と電波の位相が同一になるものの、ループの出力と90 O度の位相差ができます。この仕組みを知っておくと、アンテナ工事に応用できる可能性があります。

ホットスポットで使われるアンテナ

喫茶店やコンビニ、駅など、無線LANのアクセススポットとなっている場所が増えてきています。会社内にアクセススポットをつくっている企業もあるそうです。

このアクセススポットはホットスポットと呼ばれ、ここでもさまざまな型式のアンテナを見つけることが出来ます。

その一つが無線LANの屋外通信用アンテナです。電波を反射させる用に5本の金属棒を背後に並べ、真ん中にあるダイポール・アンテナの電波と組み合わせています。このようなアンテナを「セクター・アンテナ」と呼びます。反射器の並べ方で、アンテナから見て一定の角度の範囲(セクター)にだけ電波を送受信することが可能。サービスの範囲を、より狭い範囲に絞り込むことが出来ます。

家で無線LANを使う時に欠かせないのが無線ルーターです。アンテナ工事をして無線インターネットを使えるようになったという人もいるでしょう。無線ルーターをインターネットプロパイダーと接続すると、パソコンを無線でつなぎ合わせてそれぞれのパソコンでインターネットにアクセスすることが可能です。

一般のADSLをはじめとするアナログ電話回線の場合であっても、LANケーブルを使えば無線ルーターのインターネット接続端子と接続することができます。

八木・宇田アンテナ

八木、宇田アンテナは、日本の工学者で元東北帝国大学教授である宇田新太郎によって発明されたものです。宇田新太郎は富山県下新川群舟見町出身で、東北帝国大学工学部電気工学科に入学し、卒業後は東北帝国大学の研究者となりました。もう一人の発明者である八木秀次は、日本の工学者、実業家、政治家でもありました。

一番後にリフレクタと呼ばれる反射期、その前にラジエータと呼ばれる輻射器、その前に導波器の素子を並べた構造になっています。基本的な構造は、電波を放射する金属棒の前後に長さの異なる金属棒を並べただけの簡単なものです。このうち短い金属棒が並んでいる方向への感度が強く、全体の金属棒の数が多いほど感度が上がり指向性が鋭くなります。また、八木•宇田アンテナを複数重ねて使用しても、感度が上がり指向性が鋭くなります。

短い方が前で、やや短い金属棒があります。これを導波器と言います。導波器は複数並べてあり、電波を強めながら放射器に送り込む作用があります。

なお、八木アンテナは第二次世界大戦で欧米各国が軍用レーダーのアンテナとして採用し、逆に日本を苦しめたというエピソードを持っています。

レーダーアンテナってどんなアンテナ?

アンテナの大部分の用途は放送や通信です。

テレビのアンテナ、電話のアンテナを見てもらえればわかると思います。

アンテナ工事のおおよそもこういったアンテナです。

もっと言えば、ICカードやRFIDのアンテナも、データをやり取りするものですので、通信用といって良いでしょう。

ただし、アンテナは放送用や通信用だけではないのです。

レーダーとして使われるアンテナもあります。

最初にレーダーとはどのようなものかご解説します。

レーダーからは電波が発信されており、船や航空機、ビルなどの建築物といった電波を跳ね返すもの(物標)にあたった反射波を、アンテナで受信します。

これにより、物標までの方位や距離を計測する事が可能なのです。

山の頂上で体験できるこだまと似たような原理です。

レーダー・アンテナから発信される電波は、直進性が高くて波長が短いという特性があります。

電波を送る方角に物標があれば電波の一部を物標が跳ね返してくれます。

レーダー・アンテナにおける電波の送受信の根幹のところは、通信用や放送用とそれほど異なる点はないのです。

けれども、使用する電波や操作手法は別です。

レーダー・アンテナは物標の形や大きさを判別する精度を高めるため、周波数が高めの電波が使われています。

実際の現場を見てみる

もしも近所に屋根工事や修理などを行っている現場があれば、ぜひ足を止めて少し観察してみてください。と、いうのも実際の現場を見てみることで業者を選ぶ際に必要な情報が多く存在しているからです。

まずは現場が整理されているかどうかを確認します。常に片付けられているか、タバコの吸い殻や弁当のゴミなどが散らかっていないか、先述したようにトラックなど工事車両は近隣の迷惑にならないように駐車されているか等、それを確認するだけでも、自分たちの仕事やお客様とその周囲にまで気が配られているのかが判断できます。

次に注目するのは屋根修理を行っているスタッフです。しばらく見ていると同じチーム内であっても、腕の違いに差が表れ、チームの編成やパワーバランスが分かります。元気よく声で挨拶しているか、素早くメリハリのある動きをしているのか。第一印象や人相など、普段の態度から滲み出るものも、業者を選ぶポイントとしては欠かせません。

実際のところ、お客様にとっての業者選びの安心材料といえば、相手に対するフィーリングも重要な要素をなってくるでしょう。もしかするとお家の修理をお願いする業者になるかもしれません。工事の期間、全く相性の合わない相手を我慢することは後悔の種になることもなります。聞きたいことや、ついでに直して欲しいところなど相談があっても言い出しにくい。それではどんな出来に対しても不満が残ってしまいます。

リフォームの失敗の多くには、お客様と業者との意識のズレが原因になっていることもしばしば挙げられます。お互いに人同士ですので、どうしても考え方に違いは生まれるものです。だからこそ、気軽に何でも話せるような業者に依頼することが重要となるでしょう。

羊毛断熱材「サーモウィール」

高温多湿の日本では、部屋で冷暖房をフル可動させている家庭は多い。快適に過ごしているつもりでいるが、実は壁の中では「壁体内結露」が起きている。外気と室内温の差で起きる現象だ。夏こそ見えないところで起きている。断熱材の表面に水滴が付着すると、断熱性能が落ちる。構造躯体、が劣化する。アトピー性皮膚炎の原因となるカビやダニが発生する。耐震性・耐風性を失う可能性もある。

屋根工事の問題点

悪徳リフォーム業者場合このままでは家が腐るなど不安をあおる会社もあります。一般に雨漏れの修理費用は3万円から考えるよいと思います
屋根工事のクレーム最も多いのが再発、繰り返しです一度工事してもらった
しばらく大丈夫になったというケース後を絶ちません再発の原因ほとんど
最初の検査原因が特定できないまま工事を続行したためですせっかく工事したため、
完全に関係のない工事することです
検査する人と実際に工事する人が異なる場合は、互いに聞くことしっかりとしたコミュニケーションが
できない場合があります調査内容を正確職人さん伝わっていないまた不適切な工事終わってしまいます
屋根工事最も安心できること会社職人抱えている会社です職人が実際に工事に入り、ふた開いたときにここも原因の一つだったんじゃないか。といわれることがあり、この時点で最も重要なこと工事する職人です職人自分の仕事に誇り持って働いています架空工事するなど自分たちの生活
を彫刻のようなものであるので絶対ではありません
現場最も多くのミスは、コミュニケーションです原因診断の専門家それ確実に修理できる職人とコミュニケーションができているいいのですがそれ以外の治療されていませんその職人は、この環境、状況に応じて瞬時に判断を下し、修理続き下請場合言われたことだけするか、または修理できないこともあります
板金職人もちろん、タイル防水職人の家が巧みな職人抱えていくつかの問題迅速対応できる万全体制で運営しています企業コミュニケーション特に注力しており、迅速な対応大切に考えていますこの
連携プレイ自社職人抱えている会社の強みです頼んだ屋根工事の専門業者ではなかった場合、正確な原因を把握しないまま取りあうことなく工事ができます