羊毛断熱材「サーモウィール」

高温多湿の日本では、部屋で冷暖房をフル可動させている家庭は多い。快適に過ごしているつもりでいるが、実は壁の中では「壁体内結露」が起きている。外気と室内温の差で起きる現象だ。夏こそ見えないところで起きている。断熱材の表面に水滴が付着すると、断熱性能が落ちる。構造躯体、が劣化する。アトピー性皮膚炎の原因となるカビやダニが発生する。耐震性・耐風性を失う可能性もある。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *